Wekidsのインターン、ゲーマーの皆へ

ウィキッズで働くいわゆる中途採用や業務委託でプロとして仕事を請け負ってる人達以外の、
インターン生やゲーマー達へ送ります。

なぜこのくくりかというと、

「私、未経験で何も出来ないけど、、お金もらっていいのかな・・」
「パソコンすらろくに出来ないけどいいのかな・・」
「どうしてオレって採用されたんだ」
「どうしてインターンこんなに採用するの?」
「まだ戦績も伴っていないのに、選手としてお金をもらっていいのか」

っていう声を時たま耳にするから。
きっと皆等しく、
現在の自分の「出来ること」をベースに考えてくれていて、
そういう声が出てくるのだと思う。

一応これを読んでいるだろう、ウィキッズ外部の方へご紹介すると、
うちは有給インターンで、
更に出勤時に学習してる時間もそれに含めて良く、
学習に必要な月額サービスや書籍なども会社が補填しています。

みずきのインターン体験記
https://www.in-fra.jp/articles/372

りっきーのインターン体験記
https://www.in-fra.jp/articles/382

「私、未経験で何も出来ないけど、、お金もらっていいのかな・・」

A.良いです。

っていうか、
無給でいいですっていう人はあまり採用したくないです。
そんな甘い世界を提供する気がない。
お金を貰わないといけない、
私からすると払わないといけない理由はいくつかある。

まず、お金を貰わないと普段生きていけないよね。
学生だって人とあったり遊んだり、

人生において大事な事を経験するためにお小遣いが必要。
うちが払わないと、
結局学校+ウィキッズ+更にバイトみたいな感じになって、普通に時間足りない。
それならうちで頑張れば頑張るほど、経済的にも余裕が出来る方がいい。

もうひとつの理由は、
お金を貰わないと仕事じゃなくなっちゃうから。

皆は仕事をしながら、仕事を学んでいる。
みんなが触ってるものはうちが大事なお客様からお預かりしているもの。
お金をもらってやることは、責任伴うし、
覚悟を伴う。
だから仕事の練習になる。
無給でいいから色々教えて下さい!!っていうやつほど、
教わってる感をエンジョイしたいだけ

お金をもらって、価値を返す、
っていう仕事の本質を体感するために、
お金は絶対貰うべきだし、
出来る事が増えてきて会社への貢献度が高かったら昇給を要求すべきだよ。
いつまでも自分の給与は勝手に誰かが決めてくれると思っちゃいけない。

※ちなみに、昇給要求をしてこなくても、
ほとんどの場合ハイパフォーマーには私から昇給の打診をしています。
えりさんとかだだらさんとかに聞くといいよ。
実力にはこたえているつもりです。

「パソコンすらろくに出来ないけどいいのかな・・」

A プレステ初めて買った時に一瞬何がどこにあるか分からないのと同じレベルです。
問題無いです。

パソコンが使えるか使えないかとか、
プログラミングが出来るかどうかとか、
突き抜けてる場合を覗いて全く考慮していない。
パソコンにいたっては、タイピングすらままならない状態で入ってくる人もいる。

つかさっちがそうだよね。
モンハンとFFと最近だと某Lってゲームしか基本してないけど、
FFであれだけのUIを操作していて、
自分で使いやすようにカスタマイズしたりゲーム内マクロ組んでれば、
パソコンなんて余裕だって信じて教えてみたら、
大正解だった。

つかさっちについて
http://blog.wekids-inc.com/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%AC%B2/
ゲームで一流のやつは、凡人がドヤ顔して語るようなPC操作のうんぬんなんてすぐに超えてくる。
私が最初事業化したいと思って出会った人たちもそうだった。
自信が確信に最近は変わりつつある。

ゲーマー達は分かりやすく、
はやく仕事終わらしてゲームしたいから(笑)常に仕事の効率化をする傾向にあるけど、
そうじゃない人たちはとにかく常にコンマ何秒のPC操作を効率化出来るように、
常に考えて実践して練習しようね。
速くなるから。やれば。
slackの #referenceには、お役立ち便利情報が一杯あるよ。
あとは、周りに聞こうね、喜んで教えてくれるはずだから。

「どうしてオレって採用されたんだ」

A 採用したいと思ったからだよバカやろう!!!!!信じろよ!!!!

最近インターンも中途も採用の選考プロセスが昔よりもかなり厳格になってて、
書類で落ちる人もインターン面接落ちで、私達に会わずに落とされる人もいる。
よく冗談で

「時期が良かったから採用されたな・・」

って言ってる子を見るけど、
全員今でも受かるし、今もこれからも、一緒に頑張りたいって思える大好きなメンバーだ。
だから本当はもっと横同士でも連携してもっともっと凄いチームになりたい。

採用したいと思ったのは個別にいろんな別軸の理由があるけど、
私やともちゃんが創業期から思ってる「才能」の輝きをみたから採用してる。
そして今でもその才能を感じてるから、
だからみんなまだここにいるし、個別面談で最終日の話をしたりしない。

入ってみたけど、ちょっと違う。
入れてみたけど、ちょっと違う。
って思う人はきっとこれからもいると思う。
それはお互い不幸だから今後も色んな人が入り、辞めると思う。
それはそうとして、
今のメンバーは時期が良かったら採用されたんじゃないと断言しておく。

その才能を全力で開花させて、
後悔の無い人生を送ろう。

いつでも仲間を助けて、仲間に助けてもらおう。
皆将来が心配で、何したいかわからなくて、何出来るかわからなくて、
だけど普通に脳停止状態で普通に生きたくなくて、
こんなパット見何してるか分からない、
悪ガキのまんま大人になっちゃった二人の会社に乗り込んできたんだから。

うちにきて、普通に生きたら承知しない。
人の5倍速で、5倍人のために、自分のために、幸せに生きていこう。

「どうしてインターンこんなに採用するの?」

A そういえば最近増えたねw 8人?これからも増えそうだしね。
視点によって色々な答え方があるけれど、
今回は経営者としてではなく、
1人の人間として答えたいと思う。

楽しいからだよ。
真面目に笑

真面目に、私にも、ともちゃんにも、皆の存在は凄い大きいよ。
皆を見てると楽しいし、
教える時間のせいで自分の仕事が終わらなくても、
それもまぁいいっかって思える。

朝起きてちょっと眠くても、みんなが頑張った結果がslackで流れてくると、
ウキウキして起きちゃうよ。
みんなが一ヶ月前に出来なかったことをすんなりやり遂げてる時なんて、
これほど嬉しいことはない。
もちろん嬉しいことばかりじゃないよ。
イライラしたり悲しくなったりむかついたりすることもあるw

でもね、嬉しいも悲しいも全部ひっくるめて、本当に楽しい。

つかさが放送でうまく話せないと一緒に凹むし、
なごちゃんが試合に負けると正直胸が苦しいし、
私に何が出来るか頭が痛くなる。
大ちゃんがイベント企画してくれることでやっと前向きになれたり、
かと思えばグリード君の試合の前は睡眠不足になるし、
りっきーの初めての1人でディレクションした番組の後は家でちょっと感動して普通に泣けた。
あきながみずきのタスクやっちゃう恒例のシーンも愛おしいし、
みずきはやっぱり最強のまとめ役だと思う。
なんだかんだ今のインターンチームをまとめるなら、お前だとおもってるからね。
いまのうちにみかちゃんから、しっかり受け継いでね。

楽しいよ、そして結果として、
私やともちゃん以外の大人勢も負けじと頑張るから。

幸せな仕事環境は、ほぼほぼ一緒に働く人に依存する。

横の人のファンになれるような、
目の前のチームメンバーとライバルになれるような、
ウィキッズはそういう組織で、
そういう仕事が出来る人間だけのチームでありたい。
だから、全員ずっとレベルアップ出来るような環境でありたい。

みんなが頑張るから、
他も頑張る。
しばらくドヤ顔なんてさせないから覚悟してて。

「まだ戦績も伴っていないのに、選手としてお金をもらっていいのか」

A YES。

さてプロゲーマーとはなんぞやという記事はたくさんあります。
アンサーブログとかも考えましたが特に意味がない気がしてきたのでやめます。
さてNAGOちゃん。

もしかしたら個別にも言った事があるかもしれないけれど、
私達みたいな、決してeSportsの選手として世界を目指すあなたにとって、
決して最良ではないかもしれない会社に、
スポンサーさせてくれて、ありがとう。
スポンサーとして応援させてもらえて、感謝しかないです。

今でも覚えてるよ。
なごちゃんの出会ってから、
それまでかなりスランプに陥ってたともちゃんが、

「こういう子のために、オレは仕事したかったんだ」

って熱く語ってくれた。

前ブログでも書いてたけど、
http://blog.wekids-inc.com/how-wekids-started/

創業時のあの時の気持ちを、
強く強く思い出させてくれた。

世の中の才能ある人が認められてほしい

そしてそういう人たちと一緒に仕事したい
凡人の俺たちでもきっと出来る事があるはず。

そんな私達にとって、
なごちゃんとの出会いは本当に運命的な出会いだった。

もちろん、日本にはもっと強い選手や、すでに世界で有名になり始めてる人もいるかもしれない。
そういう人にスポンサーするほうが、
会社として考えたらもしかしたらいいのかもしれない。
(単純な露出度とかそういうのだけで見るなら)

でもそうじゃないんだ。
私はなごちゃんだから、
今まさに今日も、
なごちゃんを応援したい。
あなたが練習に集中出来るように、
あなたがグローバルで活躍出来るように、
英語が少しでも出来るようになるように、
少しでも大会であがらないように、
出来る事はなんでもしたいし、
引き続き出来る最大限をアクションしていくよ。
私は誰に何を言われようがそういう人で、
そういう会社で有り続けたい。
だから、ウィキッズとして他の誰でもない、
なごちゃんを応援したいんです。

なごちゃんを応援しはじめてから、
ハースストーンやボードゲームの世界に触れて、
私はまた人生こんなに楽しいのかぁって、
楽しみが増えて本当に嬉しいし感謝です。

私みたいなファンが、きっとこれからも現れるように。
みんなで応援していくから、
一歩一歩頑張っていこうね。
来年もその次も、試合頑張ろう。
※お金はちゃんともらいなさいっていうのは、上記の通りです。

最後に

個人的に、感謝です。
ウィキッズに来てくれたみんなのおかげで、
他の誰でもない、
私が1番救われているといっても過言ではありません。
私だって経営なんて始めてで、
やっと3年生になったばかり。
自信が崩壊して鬱になって家にいる時がたまにはある(おいw
でも皆がいたから乗り越えられた。
私に生きる意味をくれてありがとう。
みんなと時間を共に出来て、
かけがえのない人生の数ページかを一緒に割いてくれてありがとう。
これからも、ウィキッズをよろしくお願いします。
m(_ _)m

ーーー
ウィキッズでは引き続き
ゲーマー、インターン、新卒、中途スタッフの採用をしています。

小さな会社で、
外部からの資本を受けずに我道をいっているので、
安定を求める人には大変向かない会社ですが、
死ぬ気で何かを成し遂げたい人で、
文化に共感できそうなかたは、以下ご一読の上
、ご応募下さい。

http://blog.wekids-inc.com/wearehiring/