ボードゲーム会@Wekids を開催しました!

こんにちは!最近インターン入社しましたYuと申します。

すでに在籍しているインターン生達もブログの初エントリーで口々に語っていますが、
Wekidsという会社は驚きに満ちています。

いつでも食べられるおいしい手作り料理やアテンダントの自律性を尊重するからこそできる数々の制度など、
数え上げればきりがないほどのユニークなポイントがあります…。

今回はそのうちの一つであるHappy hourの特別編として行われた、10.21(金)ボードゲーム会@Wekidsの模様をお伝えします!
(当社の恒例イベントHappy hourについてはこちら→週1回のHappy Hourとは?ビール片手に語りべの金曜日

こちらのイベントは同じくインターン生のDaisukeが発起人となって今回初開催させて頂きました。
(開催の経緯についてはこちら→ボードゲームしようよ☆@Wekids

今回のイベントの内容はズバリ

ボードゲーム×ゲーマー交流×Happy hour!

です!

各方面からお集まりいただいた、ゲームを愛する方々と共に、おいしい食べ物を楽しみつつボードゲームに興じるという、
まさしくHappyな企画。

平素はデジタルゲームに精を出しているWekidsの面々ですが、
この日は選りすぐりのボードゲームで各々の実力を試していました!

img_0549イベントのために用意されたボードゲームの数々

夕方18時、総勢10名以上のお客様がご来場し、まずはご挨拶と自己紹介。

img_0369(左)CoD現アジアチャンピオン、Greedzz (中央)当イベント主催者、Daisuke (右)ハースストーンアジアサーバー1位経験者、NAGON

そしていよいよ18:30、ゲーム開始です!
アナログでルールもシンプルなものが多いボードゲームは、プレイする者にとって高度な知能戦を強いられる局面が多々あるようです。そしてWekidsメンバーには自らボードゲームを制作したり、ドイツの大会での出場経験があったりするほどにボードゲームに造詣の深い人がいたりします。

img_0684

 

(左)上位2%のIQの持ち主のみ入ることのできるクラブ・MENSAの会員でもあるWekidsメンバー、Daikichi

 

Wekidsは食べ物に熱意のある会社です。この日も飲み物と食べ物をふんだんに用意しました!

 

img_0560

 

ここで、この日プレイされたゲームを簡単に紹介します!

 

いかにプレイヤーを騙し切ることができるか? 『インサイダー・ゲーム』


このゲームでは、秘密のカードに書かれたモノについて、一人の参加者(=ゲームマスター)が答えを知った状態で他のプレイヤー(=庶民)が質問を繰り返し、正解を導き出していきます。

・・・(略)・・・なぜかプレイヤーたちは答えにたどり着いてしまいます。なぜならたった一人だけ、正解を知っているインサイダーがまぎれこんでいるからです。

インサイダーは正体を隠しながら、徐々に正解に近づいていくような質問を繰り出し、場を思い通りの方向に導いていくのです。インサイダーは正体がバレると負けになってしまうので、あくまでさりげなく場を誘導していかなければなりません。

クイズに正解したあとは、誰がインサイダーなのか、マスター含めた全員で議論して探っていきます。クイズと、正体探し。ふたつの楽しさが絶妙にマッチした、短時間でみんなが盛り上がれる会話ゲームになっています。

メーカー公式HP紹介文より引用)

これとは逆にプレイヤー同士で協力してゴールを目指す『THE GAME』といったゲームもプレイされており、
協力/対戦のスイッチがあることで一層、参加者の親睦が深まっていったのかなと思いました!
(その他にも…ポーカーやその亜種『ゴキブリポーカー』『コヨーテ』など多くの種目がプレイされました!)

Directorを務めるインターン生、Rikito。まさに真剣勝負…!

「どんなことをやってる会社なの?」と聞かれることもしばしばあるというこの会社。

入社してからというものの、常に最良のアクションと効率を生み出すために奮闘している社内の様子に圧倒されていました。

でもこの日は「大好きなゲームを心から楽しむ」、そんなキラキラした空気に満ちていたと思います!

(右)我らがCEO、Ulara
(右)我らがCEO、Ulara

 

大盛況の中イベントが終わり、社内ではそのまま反省会を行いました。
より良いイベントにするための課題を検討しつつ、最後はなぜか腕相撲大会に。

Rkito vs Ulara、そして Ulara vs NAGON

 

Wekidsでは引き続き社内外のゲーマー交流を図るイベントを開催していく予定です。

次回開催の際は是非いらしてみてください!