うちの婿殿について(後篇)

さて前篇では、
晃平くんはゲームディレクターからジュニアデータアナリストへ
ジョブチェンジしたと書きました。
もう似たような事を書く事になるので端折りますが、
ブレインパッドさん
(http://www.brainpad.co.jp/)
さん転職後もまぁとにかく勉強するわけです。。
いやぁもう家とかでもまぁそうですが、
受験生かってくらい電車内でもずっと統計のなにか読んでるし、
それが受験生ならまぁ1年くらいそんな感じでもなんとか頑張れると思うのですが、
かれこれそんなような状態が3年も続くから驚きというか畏怖w

いやぁもうほんと

どっかにうちの婿みたいな男子もう少しいませんか
私が採用したいです( ー`дー´)キリッ

勉強家ではありますが、テストに強いタイプではないし、
facebookさんの採用試験での受け答えを本人から聞く限りでは、
決して褒められた内容では無かったかと思います。
それでも日本担当の方にオファーレターを頂戴出来たのは、
なんとなくですが伸びしろだったり
真面目さだったりを、
月並みですが評価してもらえたんじゃないのかなぁと思います。

余談ですが、
「いやぁこうたんを採用するなんてその担当の方まじ優秀だね、どんな人よ」
「なんかちょっとうららさんみたいな人だよ。」
「ほう(なるほど似たもの同士か・・ふむふむ)」
って話ききつつfacebookページを出す旦那

チラリ

・・・・・・・・・・

(´・ω・`)イケメンきたこれ(´・ω・`)
(仕事も出来てイケメンってもうこれうちの旦那をどうしたいんですか)
(ええ、ええ、そこそこイケる口ですよ私)←おい

置いておいて、
いやぁ
「海外でも仕事出来るようになりたい!MBAとかぁああ」
って言ってたこうちゃんに、
英語出来なくてもえいやっで海外行っちゃうのがはやいよ
なんて言ってたら本当にそうなって、
毎月のようにサンフランシスコやらオーストラリアやらなんやら出張行っては、
「また会議であんまりうまく話せなかった・・・」
とションボリしてメッセを送ってくる旦那が、
ある種微笑ましいのであります。

お互い、
仕事や私生活での苦難や成果を共有し合えるからこそ、
そしてまた何かしら変化や成長があるからこそ、
楽しく生活できるのかなとしみじみ思います。

話は変わりますが、
私的にはやはりそういう個人個人の生きがいや成長、変化がないと、
夫婦というのは難しいのではと思うのです。
恋愛関係から家族になるというのは、
よくも悪くもお互いの存在が日常になり、
いつまでもお互いのことばかり見ていては、
嫌なところばかりが出てきてしまうのではないのかなぁ。
いつでも何かにチャレンジ!していけるような、
そんな人生を送りたいなぁと思う次第であります。

さて、もう今年が終わりますね。
弊社も8月で2期目に入り、
1年目からお国に多少なりとも税金を払い、
メンバーも増え、
リモート等含めると常時10人以上が稼動する会社になってきました。
最近「もしイノ」を読み始めたのですが、
ドラッカーの「イノベーションと起業家精神」の中からの引用でこんな記述がありました。

ベンチャーにはアイデアがある。製品やサービスがある。売上さえある。
時にはかなりの売上がある。確かにコストはある。
収入があり利益もあるかもしれない。
だが確立された事業がない。永続的な活動としての事業がない。何を行い、何を成果とすべきか明確な事業がない。

何かぐさりとする言葉です。
今自分たちがやってることが、
永続的な活動しての事業となれる為には、
より明確な強み、属人的になり過ぎない仕組み、
企業としての安定的なポートフォリオ等、
考えなくてはいけないことは山積みで、
改めて、
「我々は何が得意で、何が不得意なのか」
「どういう価値を生んでいきたいのか」
を現メンバー同士で真剣に話していかないといけないなと、
改めておもい、新年の役員合宿で実践してこようと思います。

とはいえ、創業当初からの思いである、
「熱狂を力にする」
「才能を活かす」
をコンセプトに、
弊社でももっともっと、
多様な生き方、
才能を応援出来るような、
色々な事業や仕事を作っていきたいなぁと
改めて思ったのでした。

さいごに
いつも支えてくれるこうちゃん(旦那)に感謝!