アナログなゲームはいかが??

どうも、初めまして。7月からインターンとしてjoinしたDasiukeです。

現在オフィス内で一番の新参でしてインターンにも参加したばかりなので
今回はWekidsのみんなが大好き「ゲーム」という共通点で、私の趣味であるアナログゲームについてお話ししようかと思います!


アナログゲームって何ぞや?

簡単に言うと人生ゲームやモノポリーなどといったボードゲームのことです。(モノポリーを知らない人はググってね!)
子供のころに遊んだような簡単なゲームかー、と思ったら大間違い!
今や大人が夢中になって遊ぶようなボードゲームがたくさんあるんです。

そこで今回は、ルーレットを回すだけじゃない!ちょっと頭を使うおすすめボードゲームを3つほど紹介したいと思います。


人狼

「人狼ってボードゲームなの?」

これも実は正体隠匿系のボードゲームの1つなんです。
最近はテレビで特番が組まれていたりもするのでご存知の方も多いと思いますがどんなゲームか簡単に紹介します。

人数:6〜15人(かつては100人でやるイベントもあったとか)

ルール
1 昼のターンに議論して投票で1人を処刑
2 夜のターンに各プレイヤーの役職の能力を行使
3 再び昼のターンを迎えます
4 プレイヤーは村人側と人狼側の2陣営に分かれていて生き残った陣営の勝ち

 

人狼って元々は劇団員が役に入り込むための練習の一環として始まったゲームなんです(豆知識)
今では毎週のように都内でイベントが開催されている人気のゲームですね。

このゲームの面白いところは何といってもテレビゲームではなかなか味わうことのできない議論の白熱でしょう!
みんな自分の勝利のために嘘をつき、時には仲間をも騙して自分の信用を勝ち取ろうとします。
熱くなりすぎてしまうこともしばしば(笑)

人数が多い時でもみんなが参加して遊ぶことができるのもGOOD!!


ブロックス

このゲームWekidsのオフィスに置いてあるんです笑
Happy Hourの時に遊んだりするとかでオフィスにもボードゲームがいくつか置いてあります。

 

カラフルなパッケージの中にはテトリスのようなブロックがたくさん入っています。
順番にブロックを配置して、一番多く自分の色のブロックを置くことができたプレイヤーが勝ちというゲームです。
「なーんだ簡単じゃん。」なんて思ったでしょう??でもひとつだけブロックを置く上でルールがあります。

自分のブロックの辺につながらず角につながるように置くこと

どういうことかって??つまりこういう感じ↓

ブロックを置けるところがどんどん無くなってくるので、相手の意表を突かなければ手元のブロックを置ききることはなかなかできません。

勝利のコツは相手の懐に入り込むこと!!
他の人がどんな形のブロックを持っているのかを確認して、相手がブロックを置くのに困るところを攻めてみたり。
手持ちの複雑なブロックが、空いている空間にきれいにはまるのが気持ちいいんです(笑)

 


ハイパーロボット

何手でロボットを目的地まで連れていけるか?最小の手数を見つけろ!!

これはちょっと難しいゲームかもしれません。
可愛いロボットを目的地に連れていってあげるゲームです。ロボットを動かす上で簡単なルールが1つ。

ロボットは縦か横の一方向に、壁かロボットにぶつかるまで止まれません!

ポ〇モンジムの氷の床みたいですね(僕は金銀世代です。)
さて例題です。右下の青いロボットを青い十字のマークのところに何手で連れていけるでしょうか?他の色のロボットを動かしても大丈夫ですよ♪

正解は()の中を反転させてみてください。正解はこちら→(青→↓黄→↑←青↑←↑合計8手ですね

当たっていましたか??連れていけそうなのに簡単に連れていけないのがもどかしい…
正解を見てみるとなるほどー!!と毎回パズルを解いたときの快感が得られるので楽しくなって夢中になって遊んじゃったりします。

このゲームの更にいいところは、ロボットの配置が毎回変わるのでワンパターンにならないってところ!!
ぜひ一度遊んでみてもらいたいです!

 


 

いかがでしたか??もしこれでボードゲームに興味を持っていただけたら嬉しいです!
Wekidsメンバーで遊ぶ機会があったらプレイしてるところも写真を載せようかな。
あ、もちろん普通のゲームも大好きですよ?(笑)

 

インターンに期待と不安でいっぱいだけど、新しい経験にワクワクしています。
ぶつかっていく気持ちで企業のなんたるかを吸収していきたい!
夏の予定はバイトとWekidsしかないぐらいに!!(別に寂しくはないよ?)

以上、ログレス出戻りでテスト期間中にメタハン周回してるDaisukeでした!

 

アナログなゲームはいかが??」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。